Conputational Intelligence and Multimedia Laboratory

学域メンバの研究成果紹介

安信誠二教授: 知的制御、制御工学、人工知能、システム工学、機械学習、ファジィ工学、知的処理

澁谷長史助教: 人工知能,機械学習,強化学習

佐藤美佳教授: 多次元データ解析、統計科学

宮本定明教授: ソフトコンピューティングとその応用 様相論理とラフ集合の応用、マルチ集合、ファジィパターン分類、メタ戦略の応用、情報検索モデル

鬼沢武久教授: 感性情報処理、人間情報処理、進化計算、SC

延原肇准教授: 計算知能、マルチメディア情報処理

遠藤靖典教授: 不確実システムのリスクに対する解析手法の開発

白川友紀教授: 自律分散協調システムならびに中高等教育・大学入試・高大連携

第11回 筑波大学ソフトコンピューティングセミナー 開催案内

筑波大学ソフトコンピューティング学域では、第11回筑波大学ソフトコンピューティングセミナーを以下の要領で開催します。どなたでも自由にご参加いただけます。

■日時: 2019年2月14日(木) 15:00~18:00(質疑含む)

■場所: 筑波大学第三エリア 3B213 (プレゼンテーションルーム)

[講演1] 15:00-16:20

 講演タイトル パーシステントホモロジー:理論と応用

 講演者 平岡裕章先生(京都大学高等研究院)

[講演2] 16:30-17:50

 講演タイトル 位相的データ解析の多目的最適化への応用:Persistent HomologyとMapperによる解集合の解析

 講演者濱田直希先生(富士通研究所)

詳細はこちら

Powered by WordPress