Conputational Intelligence and Multimedia Laboratory

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催 [2008.07.31,08.01]

7月31日,8月1日の2日間に亘り,工学システム学類の 計算知能・マルチメディア研究室(延原肇講師(システム情報工学研究科))で, 筑波大学附属坂戸高等学校の2年生を対象とした体験セミナーを開催しました。 この体験セミナーでは,Processingというプログラミング言語を実際に使うことによって, どのようにすれば綺麗なコンピュータグラフィクス等を作ることができるのかを身につけることができます。 今回は,8名のチャレンジがありましたが,これまで,プログラミングを全くやったことのない生徒さんも, 同研究室の大学院生達によって緻密に構成されたカリキュラムや,熱心なサポートにより,ぐんぐん知識を身につけているようでした。 セミナー1日目にはプログラミングの基礎を習得,2日目の最終発表会には,参加した生徒さん全員, オリジナルのゲームやグラフィック作品を立派に作り上げ,それらを発表することができました。 セミナー終了後は,8名全員に修了証書を手渡しましたが,生徒さんから「今後もひきつづきプログラミングの知識を身につけたい。」, 「来年もぜひ参加したい。」といった声が上り,大盛況のうちに終了しました。

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

附属坂戸高等学校生対象セミナー開催

Powered by WordPress